2006年04月23日

[MASAO]#22 古き良きHIPHOP pt13

 
アーティスト:Nas & Supreme NTM
タイトル:Affirmative Action (St.Denis Style Remix)

1997年にFrance盤オンリーで発売されたNas関連作品の隠れアイテム。
Nas好きでNasの名前がある作品を揃えている人もいるかと思いますが、そういう方しか知らないかもしれないような1枚です。

曲について考えるより、まずはとにかくジャケットがカッコイイです。深みのある緑がたまりません。是非手にとって一度見てもらいたいです。
黒人と白人の2人組みで構成されるハードコア・ラップユニット"Supreme NTM"を知らない人もいるかもしれないので、まずNTMについて触れます。
NTMは略称で、Nique ta mereの頭文字をとったものです。フランス語を英語に直すとFuck Your Motherとなります。とんでもないネーミングですが、それに負けない経歴の持ち主でもあります。麻薬所持による逮捕をはじめ公務員(警察)侮辱の罪状で禁固3カ月を受け、歌手活動禁止6カ月の実刑判決を喰らったこともあります。
そんな彼らのライムの内容は、名前のように過激です。上述したように反社会的な曲は特にすごいものがあります。
しかし、社会への反発と自分のことをアピールする一人称のラップだけではないのが彼らです。「Pose ton gun」(銃を捨てろ)といった気持ちをこめた曲をはじめとしたメッセージ性の強い曲も多く、当時治安の良くなかったフランスの若者の心を打つ曲も多く、絶対なる支持を集めていました。その支持の高さは、1998年にリリースされた4thアルバム「SUPREME NTM」で、アルバムチャート1位を2集連続獲得したことからもうかがえます。

曲の方ですが、この「St.Denis Style Remix」のトラックは、Otis Redding/Hard to handle使いのLPに収録されているものとほぼ同様です。リリックは、Nasは通常通り英語、そしてNTMはフランス語です。1997年、HIP HOPにおいて1曲で2つの言語が使われる事は珍しい事だったと思います。

余談ですが、(実はこちらを書きたかったりするのですが)
今回のネタを歌っていたアーティストOtis Redding
彼を知らずしてSoulを知りえないといっても過言ではないアーティストの一人です。「Respect」、「Hard To handle」、「Pain In My Heart」といったヒット曲が有名でありますが、僕は彼の6年間に残した全てのアルバムを推薦します。享年26歳、活動期間6年と短い間に残した音楽は、いつまでも残って欲しい音楽であり、多くの方に聞いてほしい音楽です。

HIP HOPを通じて聴く機会としては、『Change is Gonna Come』をサンプリングしたGhostface Killah「Fish」とGuru「Looking through Darkness」、『Let Me Come on Home』をサンプリングしたEPMD「The Steve Martin」などがあります。
今回紹介した楽曲と同じサンプリングソースとしてはMarley Marl「The Symphony」、Grand Puba「Ya Know How it Goes」、Public Enemy「I Don't Wanna Be Called Yo Nigga」などがあります。
是非Otis Reddingの音楽に触れてみてください。


- - - - - - - - -
DJ YAZ「THE SAGA CONTINUE」予約発売開始

スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




2006年04月22日

[MASAO]#21 古き良きHIPHOP pt12

jamosa_j.gif
アーティスト:JAMOSE
タイトル:Dance To the Megablast/The Rhythmologist

まず、Roland TR808を知っていますでしょうか。
rolandtr808.gif
Rolandとは、電子楽器、音響機器、コンピュータ音楽機器を扱っている会社名です。そしてTR808とは型番です。
Roland TR808は、1981年に発売されたドラムマシン(ドラムパートを自動的に演奏させるための機材)であり、特にHipHopで使われる事の多かった機材です。その中でもハンドクラップの音は人気があり、今でもTR808を使ったであろうトラックを耳にすることがあります。残念ながら、製品の方は、1984年に製造終了になってしまっていますが、現在のRoland製品にもサンプルされた音は内臓されていたりします。
「Dance To the Megablast」は、このRoland TR808のドラムサウンド等を使い作られた軽快なトラックとなっています。
この時代の楽曲そしてWild Pitchらしく、勢いのあるスピード感あるラップなのですが、なんともユルイ声の持ち主であるため、一度聴けば、「あ、JAMOSAの声だな」と声は覚えられます。影で人気のある曲ですが、衝撃はそこまで強くなくいたってシンプルです。
ただこのシンプルな構成が、ミドル好きを魅了させているのでしょう。
そして、
このTR808の凄さが分かる一枚でもあります。
最近は、PSE問題が騒がれていますが、このような時代をつくってきた楽器が、音楽家から音楽家へ渡る機会がなくなるというのは悲しい事ですよね。ビンテージのみは許されたようですが、どのような基準でビンテージとされるのでしょうか。音楽は、時代を越えて残るものであります。その音楽を作る機材もまた時代を越えて人から人へと渡り残っていけるのか心配です。

話を戻します。
今回紹介した盤も僕が好きなWild Pitchからリリースされたものなのですが、この盤もまた再発されています。
再発かオリジナルかの見分け方は、、「ナイスミドルPt.7」で書いたKool D With Technolo G「Now Dance/Go To Work」と同様です。再発には、"When MC's Had Skills"といったステッカーがついているということのコピーライトのロゴが盤面の緑部にあるかないかの違いがあります。

B/Wに移ります。
「The Rhythmologist」こちらはオススメです。
Jazz好きの人はたまらないでしょう。Wild Pitch物では珍しくテンポダウンされたブレイクビーツに、パーカッシブなサウンドがゆるくのります。Jazzy HipHop好きで古いHip Hopにも興味あるという人にオススメです。

- - - - - - - - -
DJ YAZ「THE SAGA CONTINUE」予約発売開始

スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




2006年04月16日

[MASAO]#20 Adidas×Missy Elliot

現在気になっているアーティスト3段です。

cassie1.gif
エキゾチックな顔出しの彼女、Cassieと書いて『キャシー』。
今流行りの言葉を使って彼女を紹介すると、『エロカッコイイ』という単語がぴったりです。
先日、ピクチャー盤Promoでリリースされた「Me & U」
cassie3.gif
は、話題作となっています。浮遊感を漂わすポロポロ鳴るユニークな音と吐息交じりの彼女のエロい声がはまり◎

彼女は、今までにMarioのシングル『Here I Go Again』のPVに恋人役で出演していたり、AdidasとMissy Elliotとのコラボブランド『Respect M.E.』のモデル、国人気雑誌Complex Magagineのモデルをこなしたりと話題性もバッチリです。
cassie2.gif

PCからはofficial homepageで音源が聴けます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -
スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | MASAO




2006年04月13日

[MASAO]#18 CD Design

僕は、フライヤーをはじめMIXCDのジャケットのデザイン等を趣味でたまにやっています。今回は、DJ YAZの5月上旬にリリースされるMIXCD「THE SAGA CONTINUES」のデザインが固まってきたので、報告させてください。

まずは、ジャケット表面です。
djyaz_thesagacontinues.gif
⇒商品を良く見ないと見えてはこないとは思いますが、いろいろと画像を工夫しています。是非じっくり煙に注目していろいろみてくださると嬉しいです。

続いてバックカードとジャケット裏面の画像です。
djyaz_thesagacontinues2.gif

djyaz_thesagacontinues3.gif
⇒この他にも帯などもついています。

「THE SAGA CONTINUES」、その中身は、DJ YAZのセンス、王道的なHiphopクラシックスを存分に聴ける内容となっています。
純粋なHipHopミックス物が少なくR&Bミックスばかり増える今、この正統派HipHopミックスはガツンときます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -
スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 21:56 | Comment(2) | TrackBack(1) | MASAO




2006年04月10日

[32]#6-ためにならない『Spring Groove』Report

4月に入って早10日、進路・進学etc……新しい環境で新たな挑戦が始まった人も多いかと思いますが、オイラはオイラで、相変わらずの日々 a.k.a Hip Hop三昧。

3月31日は渋谷nuts4周年daysの2日目ってことで、Large教授とBeatminerz兄弟のPlayに体を揺らし、4月7日は渋谷eggman「DISCOLOGY」、翌8日は渋谷game「ハイスポット」とDJ Playもこなしてきました。ってか、いいのかい、こんなんでw

……そんな日々の中にあっても、最大のイベントはこれ!そう、Spring Groove!!

去年はPublic EnemyやQ-Tip、RootsといったHip Hop勢も多数出演したSummer Sonic 2005(イ、イきたかった……)ですが、今年の夏からはどうもロックに特化する形に変更になったようで。

「今夏からサマソニはロック専門ね!」
「じゃぁ、アーバン・ミュージックだけのフェス作ろうぜ!」
「いいねぇ!春ね!Springね!」

と、サマソニも企画するクリエィティブマン・プロダクションさんの会議で話されたかはもちろん知りませんが、先日(4月1日@大阪&2日@東京)、今年初めて開催されたアーバン・ミュージック専門のフェスが、Spring Grooveであります。

http://www.springroove.com/index.html

既に公式HP↑の方では当日の写真やらLive Reportやらが掲載されているので、イきたかったのにイけなかった方や今回初めて存在を知った方も是非ご覧になってみてください。

ということで、今日はお終いです。さようなら。





……すいません、今、管理人のMASAO会長に殴られました。ハーコーです。M.O.PバリにHow About Some Hardcoreです。ま、もちろんウソですけど。

はい、というわけでオイラなりのLive Report@4月2日の幕張メッセをお送りします。

ただ、14時のライムスターから最後のSnoopまでガッツリと観て来たんですが(ガッツリと飲んでもいましたw)、それを全部書いちゃうと原稿用紙400枚ぐらいの論文になっちゃうので、あくまで個人的に感じたことだけちょこちょこっと。しかも全然Live Reportじゃない偏った内容でw



●ライムスター × Fire Ball

Hip Hop、R&B、レゲエが入り乱れた広義のアーバン・ミュージックのフェスらしく、ライムスのステージ終盤、Fire Ballがゲストで参戦。しっかりと"Heat Island"で会場の体感温度がヒートアイランド現象でした(熱)。

ちなみにライムスター、メインフロアーと別スペースに設けられたDJブースでDJ JIN氏が"Apache"を流している時に"B-Boyイズム"を熱唱してました。脇にはガリヤのQ氏も。アがりました。



●Damian "Jr.Gong" Marley × ZEEBRA

待望の初来日となったJr.Gong。歌って踊れるコーラス♀2人の向かって右側の人がDiana Kingにしか見えませんでしたw

それはそうと、↑と同様"Road To Zion"のNasのVerseではいきなりステージ脇からZEEBRAが飛び入り参加。しかも、オイラの耳が正しければ"Street Dreams"の1st Verseじゃないですか?!

「日本デ一番イケテルRapperヲ呼ンデクダサイ」
「じゃぁ、ZEEBRAさんでイきましょう!」

という打ち合わせがあったかはやっぱり分かりませんが、これはスペシャル・サプライズ。そして、たったそれだけの出番でZEEBRAは舞台を後にするという豪華さ。どんだけやねん。


●「手ヲ挙ゲテぇ〜」

最初は聞き取れずに&煽り文句なのに気弱に言うので困りましたがw、Jr.Gongが延べ10回近く発言した日本語。

きっと、これだけを覚えてステージに臨んだんでしょう。こういうの素敵なことだと思います。



●Erykah Baduの脇

頭、デカいです、Erykah Badu。

それはそうと、青いコートの下から表れた緑のワンピースから覗き見れた脇が綺麗でした。

彼女、かつてはナチュラリストを標榜しており、それがナチュラリストなのかは分からないけどw、腋毛を剃ってませんでしたから。


●PharrelのNew Album「In My Mind」

女子からのものっそい黄色い声援を受けていたPharrel。Hip Hopっていうよりロック・バンド的なステージでしたが、それよりも「それはイイのかなぁ?」と気になった点が。

というのも、延びに延びまくっているNew Album「In My Mind」収録予定曲ではあるものの音源としてはまだ未発表の曲をかなりの数やったから。

"You Can Do it Too"、"Baby"、"Houw Does it Feel"……自分はちょっとした経緯で音源は聴いているので、特に"Houw Does it Feel"が聴けたことにアガりましたが、隣のチャンネーは困った風でしたね……。



●風邪気味Snoop

意外にも?"Ups & Downs"で幕を開けたSnoopのステージ。4曲目の"Gin & Juice"辺りまで「なんかカタイなぁ」と思っていたのですが、どうもお風邪を召していたようで。

なるほど通りで開始が遅れたのね(間を繋いでいたDJ Battle Catも頑張ってました)。絶対に違うことで遅れていると思ってたけど(煙)。



●Snoop × Lady Of Rage

こういうフェスなので、まぁ、間違いなくゲストが飛び出るもんだとは思ってましたが、まさかLady Of Rageとは。ってか、まだ活動してたんだ……(失礼)。

しっかりとSnoopと"Afro Puffs"1曲だけをかまして颯爽と帰っていきました。



●奇跡の共演

で、やっぱり"Drop It〜"ではPharrelが登場してくるわけですが、そこから雪崩れ込んだセッション・タイムがやヴぁ過ぎです。

Pharrel×Erykah Bady×Damian×Snoop

……詳細は秘密にさせてもらいますが(The出し惜しみ a.k.a. 嫌なヤツ)、あり得ません!!奇跡です!!

これだけでチケットの1万円分の価値があると思った人推定4869人。これを一番前で見れた人は更に1万円を払う義務が生じるほどです。



●クローク

clork.gif

これは会場のゴミ捨て場じゃありません。クロークです。透明ビニールに荷物を入れ、駐車場いっぱいを使って置いてあります。すんげぇ……。



●ドネル・ケバブ

floor.gif

ステージに向けてカメラ(含む携帯)を向けることが厳しく監視されていたので関係ない写真ばかりですいませんw

これはメインフロアーとは区切られた物販&お食事&DJブーススペースを上から撮ったもの。

おやつも夕飯もドネル・ケバブとビールでした。上手かったです。どうでもいいですか?そうですよね。はい。



とまぁ、今、書いたものを読み返した限りではちゃんと観てないような印象を与えてしまうかもしれませんが、本当に良かったです(説得力無し)。

なんと言っても、こういう形のフェスが実施されたということが大事なんです。来年も期待!!

だからこそ、ゴミはゴミ箱に!&喫煙は決められた場所で!と声を大にしてネット上で吠えたい(The・お節介ネット弁慶)。

あ。勝手な予想ですが、会場内はものすげぇ数のカメラとクレーンで撮影をしていたので、DVDが発売されるモンと踏んでおります。もしリリースされたら4者セッションを見るためだけでも買いです!!



●Spring Grooveグッズ

最後におまけ?ということで、会場で購入したTシャツ。Tシャツは早くも寝巻きになってますw

表。迷彩ラジカセです。

t-omote.gif

裏。出演者が明記されてます。

t-ura.gif


スケジュール
4月, candy

EXPLOSIONメインはこちら

posted by EXPLOSION at 01:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 32




2006年04月08日

[MASAO]#18 古き良き歌pt.2

晴れたスカっとした日に聴ききたい一枚です。

uksoul1.gif
アーティスト:Young Disciples
タイトル:Apparently Nothin

90年代を代表するAcid Jazzの名盤Young Disciples『Road to Freedom』からのシングルカット。アルバム単位でオススメします。
Acid Jazzという単語をはじめて聞いた人もいるかもしれないので簡単に説明します。
『Londonのクラブを中心とした踊るためのJazzのムーブメント』のことをいいます。
代表的なアーティストとしては、The Brand New HeaviesをはじめIncognitoなどが挙げられます。

曲の雰囲気を一言でいうと『ジャズ・ファンクなノリのアーバンなナンバー』。
この思わず身体を動かしてしまうトラックには、Doug E Freshのクラシックである「Back in the Days」でも使われたFunkadelicの「You'll Like it Too」のドラムを下敷きに、Eddie Russの「The Lope Song」を乗せています。加えて、ここに女性ボーカリストCarleen Andersonが歌っていくのですが、この歌声には魂、ソウルを感じ感動的です。
1991年にUKからリリースされている本タイトルの12インチには収録されていませんが、1992年にリリースされたものにはLarge ProfessorがRemixを手がけたLarge Professor Rap mixが収録されています。
曲の内容は、「反戦歌」です。聴いた事ある方も、是非歌詞にも耳を傾けて聴くとまた違うイメージが沸くのではないでしょうか。

最近では、The Brand New HeaviesにニューヴォーカルとしてCarleen Andersonが参加しています。アルバム「Trunk Funk the best of TBNH」には、「Apparently Nothin'」のTBNHヴァージョンも収録されています。

スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




2006年04月03日

[MASAO]#17 古き良きHIPHOP pt11

今日は風が強いみたいです。
残念ながら桜がたくさん散ってしまいそうですね。
毎年4月は、今回紹介するような透明感あるネタものを聴きたくなります。

「EXPLOSIONを最近みるようになりました。」
とメールをここ最近よくいただきます。非常に嬉しいです。ただ、このブログを読んだら最近流れることが少ない楽曲ばかり紹介しているので..
心配です。
ただ良い音は廃れないので気になったら是非捜して聴いてみてくださいね。

rso.gif
アーティスト:Almighty RSO
タイトル:One In The Chamba

Tommy Boyより92年にリリースされた盤。
彼らは、歌詞が過激だったために警察からのクレームを受け、Tommy Boyからリリースしたのはこの曲のみとなってます。

曲の方は、
疾走感溢れるドラム・ブレイクとして多くのHIPHOPアーティストに愛され、GangStarr「Dwyck」やNaughty by Nature「O.P.P.」をはじめとした数多くの楽曲で使われたMelvin Bliss「Synthetic Substitution」を使っています。
これだけでも気になりますが、
更にMidnight Star「Curious」使いのフックが印象的なKurious「I'm Kurious」(94年)でも使用されていた透明感のあるBlackbyrdsの「Mysterious Vibes」をサンプリングしています。

Blackbyrds「Mysterious Vibes」
このネタは、僕の好きなネタの中で"5本の指"に入ります。
このネタを使った楽曲には他には、
・Paris「The Days Of Old
・Walking Large「The Rise
・Horace Brown「One For The Money
などがあります。

このネタは、残念ながら12インチでのリリースはされてません。アルバム「Action / Better Days」収録のみです。このLPのジャケットが、レコード屋「JAZZY SPORT」のホームページのトップページでも使われています。
blackbyrd_lp.gif
12インチでは、以下の画像のようなclub mix仕様などの収録されている盤しか存在しません。
blackbyrd_zr.gif

ちなみに、
DJ 32のMIXCD「SAMPLING LOVE MIXES」でもこの曲収録されています。


スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




2006年04月02日

[MASAO]#16 古き良き歌pt.1

R&Bとくくると難しいので「」で書いていきます。
今回は、1回目
にぴったりなジャケットが可愛く、心を打つ一枚を紹介します。

love_picture.gif
アーティスト:The Dream Academy
タイトル:Love

1983年Londonで結成されたThe Dream Academy、本作品は1990年にReprise Recordsよりリリースされた一枚です。
この盤の収録曲にHere Krishna Mixというものがあるのですが、こちらがオススメです。
この『Love』という曲は、John Lennon「Love」のカバーとなります。このHere Krishna Mixでは、Guy「I Like」やLL Cool J「Mama Said Knock You Out」をはじめ多くの楽曲で使われたネタであるJames Brownの『Funky Drummer』が使われています。JBネタを使うことで爽快感が生まれ、爽やか清涼感さえも漂うなんともいえない幸せな気持ちになれる曲に仕上がっています。

短い歌詞なので以下に書き示しておきます。

Love is real, real is love,
Love is feeling, feeling love,
Love is wanting to be loved.
Love is touch, touch is love,
Love is reaching, reaching love,
Love is asking to be loved.
Love is you,
You and me,
Love is knowing,
We can be.
Love is free, free is love,
Love is living, living love,
Love is needing to be loved.


彼らThe Dream Academyは、Popにジャンル別けされている事が多いです。
楽曲の方は涼やかなものが多いので疲れている時など癒してくれるような曲が多いです。

1stalbum.gif
彼らの楽曲を他にも聴いてみたい人は、是非1stアルバムを聴いてみてください。
一度は耳にしたことがある「Life in a Northern Town」をはじめサビが耳から離れない「The love Parade」が聴き所です。


スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。