2008年01月06日

[MASAO] 古き良きHIPHOP pt22

今回紹介する楽曲は、新譜ですが古さ、90年代を感じる楽曲です。

131000166m.jpg
J-Love Archives Straight Out The Vaults Vol.4

古くは90年代初期からNew YorkはQueensレペゼンのアーティストを幅広く手掛けていたDJ/プロデューサー、Queens Finestの1人 J-Love。

J-Loveによる人気EPシリーズ「Straight Out The Vaults」の最新作となる第4弾。
第2段は、DJ Premierが手掛けた歴史的名作として知られる「Return Of Crooklyn Dodgers」使いの『Return Of The Theodore Unit』がヒップホップ・ジャンキーから注目を集めましたが、第4段は、Side-B収録の『U Like My Style Remix』、フィーチャーされているのは2008年2月に9枚目のアルバム「Nigger」をリリース予定のNas。

90年代初頭の良質なインディペンデント・ヒップホップの空気を彷彿させる荒々しくも疾走感溢れるハードでエッジの効いたキックに、ウワモノとして唸るエレキの高音が抜けていく。 このプロダクションに、Nasの卓越したスキルで落としていくライミングがマッチし、ヒップホップの持つ格好よさが集約された楽曲に仕上がっている。 

Side-Aには、2002年にプロモオンリーでリリースされた「Chisel」のRemix、Killah Priestをフィーチャーした哀愁チューン「Gun for Gun」を収録。
posted by EXPLOSION at 23:17 | Comment(19) | TrackBack(0) | MASAO




[MASAO] Best of 2007 Hip Hop Album

遅くなりましたが、2007年のBest Hip Hop Albumを独断と偏見で選ばせていただきました。

2007年を振り返ると、DJ KAZUYAがコラム「デジタルとアナログ」で書いているように、アナログからデジタルへと本格的に切り替わり、"定着"していくのを感じました。

デジタル時代への移行は凄まじい速度で進行し、MySpace、Mixi、YouTubeを利用した新しいビジネス・モデルが音楽業界のプロモーション等に影響を与えるようになり、デジタル配信の普及と共に「聴き手が選択するメディアで音楽を聴く」時代への切り替わりが定着化し、アルバム単位で音楽を楽しむことが減り、曲単位で音楽を楽しむことが主流になったのではないかと思います。 この影響かアルバム単位として楽曲、プロデューサー、客演陣の起用に纏まりの無い作品が目立ち、1曲1曲としてはクオリティーが高くとも、全体として、纏まりのない印象を受け物足りなさが残る作品が増えたと感じています。

これに反し、デジタル時代の成功例として、クラブシーンを賑わせ、Billboard Hot 100にて7週連続1位を記録した「Soulja Boy / Crank That (Soulja Boy)」といったヒットが生まれるなど、無名であったアーティストが脚光を浴びるチャンスが増えた事は、音楽業界においてマイナスではなく今後に期待できるのではと感じさせてくれます。


それでは、例の如くBest 10を紹介したいと思います。
(※タイトルリンクは、amazonの商品ページとなります。画像は、ジャケットとなります。)


#10
Chamillionaire / Ultimate Victory
Chamillionaire  Ultimate Victory.jpg

#9
Kanye West / Graduation
Kanye West  Graduation.jpg

#8
Turf Talk / West Coast Vaccine
Turf Talk  West Coast Vaccine (The Cure).jpg

#7
UGK/ Underground Kingz
UGK Underground Kingz.jpg

#6
Percee P / Perseverance
Percee P  Perseverance.jpg

#5
Devin the Dude / Waiting to Inhale
Devin the Dude  Waiting to Inhale.jpg

#4
Talib Kweli / Eardrum
Talib Kweli  Ear Drum.jpg

#3
Lupe Fiasco / The Cool
Lupe Fiasco  The Cool.jpg

#2
Jay-Z / American Gangster
Jay-Z  American Gangster.jpg
特集記事

#1
Blue Scholars / Bayani
Blue Scholars  Bayani.jpg
RA Scionとのユニット、Common Marketとして2006年には名曲「Connect For」を含むアルバム「Common Market」をリリースしたサンプリングを中心としたジャジー&ソウルフルなプロダクションを得意とするDJ/producerのSabziとシアトルのアジア系MC、Geologicからなるヒップホップ・デュオBlue Scholars(ブルー・スカラーズ)。 本作品は、彼らの2ndアルバムとなります。 リリース先は、レーベル復活のアナウンスからなかなか活発な動きの見られなかったアングラ老舗Rawkus。 
Jazzyなサウンドとコンシャスなラップが織り成す秀逸な美しい音楽を堪能できます。 
アルバムタイトル「Bayani」はタガログ語で英雄を意味しており、1999年に、シアトルで行われたWTO(世界貿易機関)閣僚会議での歴史的な反WTOデモ「Battle in Seattle」をテーマにした「50 Thousand Deep」など、深い意味を有するリリックが多く収録されています。
全体を通して何を伝えようとしているのか聴いて欲しい1枚です。

1DJ &1MCの絶妙なバランスが美しい心地良くも力強い2007年のジャジー・ヒップホップの名盤です。


■ 番外

Sa-Ra  The Hollywood Recordings.jpg
Sa-Ra / The Hollywood Recordings

Thes One  Lifestyle Marketing.jpg
Thes One / Lifestyle Marketing


Mike Jones  The American Dream.jpg
Mike Jones / The American Dream

Common  Finding Forever.jpg
Common / Finding Forever

Coughee Brothaz  Waitin' Our Turn.jpg
Coughee Brothaz / Waitin Our Turn

Scarface  Mada.jpg
Scarface / MADE

Ghostface Killah  The Big Doe Rehab.jpg
Ghostface Killah / The Big Doe Rehab

Prodigy  Return of the Mac.jpg
Prodigy / Return of the Mac

Sean Price  Jesus Price Supastar.jpg
Sean Price / Jesus Price Supastar



posted by EXPLOSION at 19:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | MASAO




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。