2006年02月19日

[MASAO]#6-in日本武道館

Black musicばかり聴いている僕は遂最近まではFranz Ferdinandって?
と彼らの事は知りませんでした。

franz.gif

仲間であり尊敬するDJであるDJ KAZUYAに教えてもらったダンス仕様の四つ打ちビートをも演奏してしまうロックのグループです。
そのFranz Ferdinandのライブを見に、日本武道館に急遽行ってきました。

2001年に「女の子が踊れるような音楽を作ろう!」というストレートな考えから結成されたFranz Ferdinand。

歌って、踊れて、そしてロックであって、それが彼らオリジナルのものだと感じる何かがあり、予想を遥かに上回りました。
彼らの楽曲のサビは分かりやすく英語がたとえわからなくても、読めなくても歌えます。そういうこともあり、彼らの代表作「Take Me Out」の大合唱は、とにかく衝撃的でした。「Lucky, Lucky」を連呼するキャッチーなナンバー「Do You Want To」の盛り上がりも凄まじかったです。
また、さらに驚いたのが演奏の上手さです。演奏がそこまででは無いと伺っていたので合唱しにいくつもりでいきましたが、少し鳴りが違って聞こえる武道館であの演奏は感動しました。家でもクラブでも、レコードから流れる音ばかりだったので、生音の迫力には圧倒されました。

思わず聴き入ってしまう時もありました。
彼らの魅力の一つであるダイナミックさが肌で感じられたライブでした。
エモーショナルな踊れるロック。
約1時間30分、素晴らしいステージングでアッという間に終わりました。
想像以上でした。

Snoop Doggが彼らとコラボレーションしたいというのも、商業的な意味抜きにして、少し理解できます。類をみないカッティングギターのセンスを今後も期待しています。

2006年3月8日には、DVDもリリースされるそうです。

DJ KAZUYAが書いた彼らの2ndアルバムのレビューはこちら

そんなHipHop以外にも詳しいDJ KAZUYAは、今週は、25日(土)埼玉G-STYLEにDJ KAORIをゲストに招いた「juicy」のResident DJとしてプレイします。
posted by EXPLOSION at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13486320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。