2006年04月08日

[MASAO]#18 古き良き歌pt.2

晴れたスカっとした日に聴ききたい一枚です。

uksoul1.gif
アーティスト:Young Disciples
タイトル:Apparently Nothin

90年代を代表するAcid Jazzの名盤Young Disciples『Road to Freedom』からのシングルカット。アルバム単位でオススメします。
Acid Jazzという単語をはじめて聞いた人もいるかもしれないので簡単に説明します。
『Londonのクラブを中心とした踊るためのJazzのムーブメント』のことをいいます。
代表的なアーティストとしては、The Brand New HeaviesをはじめIncognitoなどが挙げられます。

曲の雰囲気を一言でいうと『ジャズ・ファンクなノリのアーバンなナンバー』。
この思わず身体を動かしてしまうトラックには、Doug E Freshのクラシックである「Back in the Days」でも使われたFunkadelicの「You'll Like it Too」のドラムを下敷きに、Eddie Russの「The Lope Song」を乗せています。加えて、ここに女性ボーカリストCarleen Andersonが歌っていくのですが、この歌声には魂、ソウルを感じ感動的です。
1991年にUKからリリースされている本タイトルの12インチには収録されていませんが、1992年にリリースされたものにはLarge ProfessorがRemixを手がけたLarge Professor Rap mixが収録されています。
曲の内容は、「反戦歌」です。聴いた事ある方も、是非歌詞にも耳を傾けて聴くとまた違うイメージが沸くのではないでしょうか。

最近では、The Brand New HeaviesにニューヴォーカルとしてCarleen Andersonが参加しています。アルバム「Trunk Funk the best of TBNH」には、「Apparently Nothin'」のTBNHヴァージョンも収録されています。

スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。