2006年04月22日

[MASAO]#21 古き良きHIPHOP pt12

jamosa_j.gif
アーティスト:JAMOSE
タイトル:Dance To the Megablast/The Rhythmologist

まず、Roland TR808を知っていますでしょうか。
rolandtr808.gif
Rolandとは、電子楽器、音響機器、コンピュータ音楽機器を扱っている会社名です。そしてTR808とは型番です。
Roland TR808は、1981年に発売されたドラムマシン(ドラムパートを自動的に演奏させるための機材)であり、特にHipHopで使われる事の多かった機材です。その中でもハンドクラップの音は人気があり、今でもTR808を使ったであろうトラックを耳にすることがあります。残念ながら、製品の方は、1984年に製造終了になってしまっていますが、現在のRoland製品にもサンプルされた音は内臓されていたりします。
「Dance To the Megablast」は、このRoland TR808のドラムサウンド等を使い作られた軽快なトラックとなっています。
この時代の楽曲そしてWild Pitchらしく、勢いのあるスピード感あるラップなのですが、なんともユルイ声の持ち主であるため、一度聴けば、「あ、JAMOSAの声だな」と声は覚えられます。影で人気のある曲ですが、衝撃はそこまで強くなくいたってシンプルです。
ただこのシンプルな構成が、ミドル好きを魅了させているのでしょう。
そして、
このTR808の凄さが分かる一枚でもあります。
最近は、PSE問題が騒がれていますが、このような時代をつくってきた楽器が、音楽家から音楽家へ渡る機会がなくなるというのは悲しい事ですよね。ビンテージのみは許されたようですが、どのような基準でビンテージとされるのでしょうか。音楽は、時代を越えて残るものであります。その音楽を作る機材もまた時代を越えて人から人へと渡り残っていけるのか心配です。

話を戻します。
今回紹介した盤も僕が好きなWild Pitchからリリースされたものなのですが、この盤もまた再発されています。
再発かオリジナルかの見分け方は、、「ナイスミドルPt.7」で書いたKool D With Technolo G「Now Dance/Go To Work」と同様です。再発には、"When MC's Had Skills"といったステッカーがついているということのコピーライトのロゴが盤面の緑部にあるかないかの違いがあります。

B/Wに移ります。
「The Rhythmologist」こちらはオススメです。
Jazz好きの人はたまらないでしょう。Wild Pitch物では珍しくテンポダウンされたブレイクビーツに、パーカッシブなサウンドがゆるくのります。Jazzy HipHop好きで古いHip Hopにも興味あるという人にオススメです。

- - - - - - - - -
DJ YAZ「THE SAGA CONTINUE」予約発売開始

スケジュール
4月

EXPLOSIONメインはこちら
posted by EXPLOSION at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | MASAO




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。