2006年05月28日

[32]#9-MTV Video Music Award Japan 2006B

というわけで、いざ会場へ。
あーしかし、久々にblogを書くと、技術的なことを忘れてしまっていて改行とか変テコですいません。
&、もう既に書き疲れた、&、実際の模様はスカパーで今夜10時〜!ってことで、ここからは写真なし(というか会場はカメラ厳禁)の箇条書き&時系列無視スティーロでかましてイきます。
 
※以下、ネタバレを含むので読みたくない方はスルー・ざ・わいやーで。
 
 
生・弾き語り
7時前に滑り込んだ会場では、既にいくつかの発表は済んでいるようでしたが、入った瞬間にキました!
Yes, John Legend!Yes, "Ordinaly People"!!
最初はJohn・伝説氏の弾き語りのみでシッポリと、中盤からはバックに従えたバンドも加わり、それにつられてか、Vo.も感情が高ぶるように響き渡ります。やヴぉい(濡)。
 
日米、夢の共演
そのJohn Legend、終盤で再登場し、「Best Male Video」賞を受賞した平井堅と夢のコラヴォを披露。
しかも、演じたのは誰もが一度は耳にしたことのあるJAZZの古典、"What A Wonderful World"!!
ピアノはもちろんJohnが担当し、1番をJohn、2番を椅子に腰掛けた平井堅、そして、その後は二人でと、まさに、邦題である『この素晴らしき世界』の通り、素晴らしき音楽という世界が繰り広げられたのでした。

日米、夢の共演 Pt.2
Trey Songzが来日している時点で予想してましたが、予想通り、AIのLiveの2曲目(なお1曲目は新曲"Believe")は、AIとTrey Songzによる"Beatiful"を。
エステ『ラ・パルレ』のCMソングとしても知られる同曲、かなりアッパーなのですが、余裕でTrey Songzを食ってましたね、AI嬢。流石です。
しっかしTrey Songz、Albumの横顔しか知らなかったんですが、かなーりB-Boy然とした佇まいですな。SingerっていうよりRapperっぽいぞ……。

なお、間違ってたらゴメンなさいですが、この曲でDJを担当していたのはDJ HIRAKATSU氏だったようにオイラには見えましたが如何に?


八面六臂の活躍
RED CARPET SHOWにも登場したRihannaは、「Best New Artist Video」賞を受賞。コメントではDef Jamへの熱い感謝も表現していました。

ここ日本でも飛ぶ鳥なんたらの彼女、授賞式でも1曲披露することに。となれば当然、ここまで聞かせていない"SOS"ですね。いやぁー、きゃわぃいです。正直今までナメてましたが、かなり歌えますね、彼女。

一人でもデスチャ 
真っ暗な会場に、デスチャ"Independent Women Pt.T"が流れた瞬間沸き起こる歓声。やっぱりデスチャ、強し。
ステージに置かれたバービー人形の箱を模した大きな箱から飛び出してきたKelly Rolandは、それこそ彼女自身がバービー人形のようないでたち(実際に箱にはKellyと書いてありましたw)。
しかしパフォーマンスは、そんな可愛らしい格好とは裏腹に、スカートをひるがえし、従えたダンサー陣とともに、激しくアッパーに歌い上げるものでした(えぇ、正直言います。歌った曲のタイトル、分かりませんw)。
また、その後、インスピレーション賞だかなんだかをデスチャが受賞すると、Kellyは再び壇上へ。一人でもデスチャ。でも、デスチャではなくてKelly。むむむ。

加藤ミリヤ
20代も半ばになって彼女のことが大好きなロリコンなオイラですが、「Best Hip Hop Video」を発表する時のプレゼンターっぷりには、また感心させられました。
「日本でも色々なスタイル、やり方あると思うけど、自分達の目で見て、聞いて、リアルな音だけ残していくとイイと思います」
いやー、やっぱタダの女子高生ちゃいまんがな。で、受賞したのが50 Centっていう図。シュールだ。
もちろん会場に50が来るわけもなくw、ミリヤちゃんも「これ、あたし本当に渡しにいけるの?」と言っていたのがウケました。

生きる伝説 
色々な賞が発表される中、特別功労賞として発表されたのが「Legend Aeard」。「2nd Albumが世界で2億枚…・・・」、そんなアナウンスと、荘厳なオーケストラミュージック流れる中、スクリーンに映し出される過去の映像群。
そうです、代々木国立競技場体育館に詰め掛けた8000人の前に、Michael Jackson、堂々の登場でっす!!
先ほどのRED CARPETの時は足早に過ぎ去ったマイケルですが、この受賞の際には、やたらとI Love Japan的なことを随所に挟みながら、他の受賞者以上の長い時間をかけて(2分ぐらい?)その肉声で喜びを表現してくれました。
会場、大興奮。
何度も言います。
これからもI Wanna Rockされたい With Youです

 
・・・・・・とまぁ、Hip Hop & R-n-Bに関わる諸々を駆け足に書いてみましたが(この間間には、猫ひろしやオリエンタルラジオや森三中のShowもありました。しかも面白い)ZEEBRA氏が仰ってたことが印象的でした。
「ヴァイブスあがってきてるし、楽しみ方分かってきたでしょ?」と。
海外からのArtistも多数参加し、ここ日本でしか出来ないような共演を披露したり、国内のTop Artistや著名人が集うVMAJのような祭典が、日本でもっともっと根付くことになれば、それはとても素敵なことですなぁ。
シーンを作るのはArtistであると同時に、我々リスナーです。Let's Enjoy Music。
posted by EXPLOSION at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 32




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。